【重要】京都府緊急事態措置への対応について(4月18日から5月31日まで)(5月6日更新)

5月6日までとしていた期間を5月31日まで延長しています

※English is here.

令和2年4月17日

国立大学法人京都工芸繊維大学長
森迫 清貴

 4月16日の政府による緊急事態宣言を受け、本日、京都府から緊急事態措置として、大学に対し4月18日から5月6日までの期間の休止(施設の使用制限)の要請がありました。
 これを受けて、本学においては、新型コロナウイルス感染症に関する本学の基本方針及び基本方針を踏まえた措置に加え、5月6日までの期間、下記の取り扱いとします。当該期間中につきましては、電話対応ができないため、E-mailでご連絡いただきますようお願い申し上げます。
 なお、今後の状況によっては、5月7日以降も当該措置を継続することがありますので、予めご承知おきください。
 皆様には、ご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 ・必要最小限の業務のみ実施することとし、原則、すべての窓口を閉鎖します。
 ・一部の者を除き、大学関係者以外の入構は禁止します。
 ・大学の施設・設備の貸出は行いません。
 ・一部の教職員を除き、在宅での勤務を基本とします。

■本学の基本方針等
 新型コロナウイルス感染症に関する対応について(第9報)

■問い合わせ先
 https://kit2023.sg-files.com/contact/