基金事業報告

人材育成基金事業

KIT基金奨学生【事業費2,000,000円】

大学院博士課程の優秀な学生を対象に奨学金を給付し、研究者として優れた人材の育成を図りました。令和5年度は2名を採用し、100万円ずつを支給しました。
 採用者:建築学専攻 2名

奨学生

国際交流支援事業

海外短期語学研修支援【事業費400,000円】

夏季及び春季休業期間に約5週間、英国リーズ大学及び豪州ヴィクトリア大学に学部学生を派遣し、語学研修を実施するための参加費の一部を支援し、参加学生の英語能力の向上と国際的視野の拡大を図りました。

  • 集合写真1
  • 集合写真2

広報活動基金事業

美術工芸資料館カレンダー・ミュージアムグッズ作成【事業費1,200,000円】

学内外との交流の促進に寄与するため、美術工芸資料館所蔵資料によるカレンダーを作成し、入試広報や就職支援に用いるとともに、同窓会や地域との交流活動に活用しました。また、マグカップやトートバッグ等の美術工芸資料館ミュージアムグッズを制作し、ご寄附いただいた方にも贈呈いたしました。

カレンダー

指定基金事業

KIT同窓会・KIT若手研究者支援プロジェクト【事業費1,000,000円】

同窓会からのご寄附により、挑戦的で独創性に富んだ発想の研究を行う若手研究者に支援を行いました。令和5年度は、分子化学系・松尾 和哉 助教に対して100万円の研究費を支給しました。
研究テーマ:光薬理学リガンドを効率的に獲得するための分子技術

記念撮影

繊維アーカイブ作成プロジェクト【事業費3,000,000円】

衣笠同窓会みらい基金からのご寄附により、京都工芸繊維大学の前身校のひとつである京都蚕業講習所.以来、本学内に所蔵されている蚕糸・繊維関係資料を調査し、詳細に把握できるようアーカイブの構築を行っています。令和5年度は、嵯峨キャンパスにおける実習を撮影して、繊維研究の実態記録を行いました。今後は、美術工芸資料館で繊維アーカイブに関する企画展の開催を計画しています。

  • 繊維1
  • 繊維2
学生と教員の共同プロジェクト【事業費55,000円】

学生と教員が協働する正課外の教育プロジェクトについて、指定寄附金を各プロジェクト団体へ配分し、プロジェクト支援を行いました。

  • 学生フォーミュラ参戦プロジェクト“Grandelfino”(学生フォーミュラ日本大会2023 総合優勝)
マシン
  • ロボコン挑戦プロジェクト“ForteFibre”(NHK学生ロボコン2023 特別賞受賞)
当日の様子1

修学支援基金事業

奨学金・留学支援事業【事業費1,150,000円】

経済的理由により修学が困難な学生の留学や海外インターンシップを支援するために、奨学金を支給しました。令和5年度は、23名に対して一時金として5万円ずつ支給しました。

研究等支援基金事業

博士課程学生の自立した研究活動支援事業【事業費1,000,000円】

本学では、博士課程進学に係る資金面・キャリアパスの問題を取り払うために、優秀な博士人材に対して研究専念費(生活費相当)や研究費の支援を行うフェローシッププログラムを実施しています。令和5年度は、当プログラムに採用された学生への研究費の一部を当基金から支援しました。